マサニ電気株式会社


会社概要

トップメッセージトップメッセージ

すべては、みんなの 「笑顔」のために。マサニ電気 代表取締役社長 富士元 克敏

神戸に生まれた地域企業 ―すべてのお客様を「笑顔」にできる、総合企業を目指して―

マサニ電気株式会社は今から半世紀以上前の1946年、戦後の焼け野原の中に生まれました。 当時、神戸の人々は戦災の影響で、その日の生活に必要な物資を全く手に入れることが出来ませんでした。
そんな中、創業者の森正二郎は、"電気"が人々の暮らしに与える影響に注目し、物資配給に行列を作る人々に対して、裸電球と電池を格安で売り始めたと言われています。
復興が進むにつれ、神戸にアジア・アメリカ・ヨーロッパなど、諸外国の船舶が出入りするようになると、神戸の街の発展に寄与するため、その外国人乗組員に対しても家電製品を販売するようになりました。
そして、海外仕様の日本製電化製品の販売と供に輸出事業を発展させてきました。
その後、マサニ電気は時代と人々の流れを受けて、お客様の「笑顔」のために変化できる柔軟性をもった"総合企業"として発展をして参りました。

神戸に生まれた地域企業 ―すべてのお客様を「笑顔」にできる、総合企業を目指して―

マサニ電気は、創業以来、「すべては、みんなの笑顔のために」という経営理念を一貫して掲げています。
それはいつの時代も、お客様、地域の方々、そしてマサニ電気に関わるすべての人々に「笑顔」を与えるのが私たちの使命であり、そうした想いを根幹に置いて事業展開をしていかねばならない、という決意表明とも言えます。
現在、マサニ電気で営んでいる事業のうち、「美容事業」及び「masani academy」の事業は、弊社女性社員のアイディアから生まれました。
「Eコマース」「電気工事」の分野もその道のプロフェッショナルを目指したいと未経験の社員が中心に活動中です。

「自分が笑顔になりたい・人にも笑顔を与えたい」という思いが生んだ事業は、かならずお客様のお役に立てるものと思い、私たちは社員の自発性を大いに尊重しています。
そしてお客様の笑顔のために頑張る事が、社員全員の笑顔につながると確信しているのです。

お客様に心からの「笑顔」をお届けするために、今後も社員一同、「更なる努力」と「新たな挑戦への継続」を邁進していく所存にございます。

2016.6.1