iPhoneの調子が悪くなってしまった場合の対処法

この記事でわかること
・iPhoneの調子が悪くなってしまう要因
・調子が悪くなってしまった場合の対処法

こんな方に向けてiPhoneの調子が悪くなってしまった場合の対策方法をまとめました!

iPhoneの調子が悪くなり、お困りの方はぜひ参考にしてください。

iPhoneの調子が悪くなる原因

iPhoneの調子が悪くなる原因は一体どんな内容なのでしょうか?

iPhoneの不具合としてよくある事例を紹介いたします。

ネットが繋がらない

iPhoneのネットがいきなりつながらなくなる原因としては以下の内容が考えられます。

調子が悪くなる要因
・機内モードになっている
・SIMカードのトラブル
・ソフトウェアの不具合

iPhoneのネットがいきなりつながらなくなってしまった場合は、何かの拍子で機内モードに設定が変わってしまったか、契約しているSIMカードのトラブル、またはソフトウェアの不具合が考えられます。

iPhoneが機内モードになっていないかの確認し、なっていなければネットワークの設定のリセットを試してみてください。

バッテリーの持ちがいきなり悪くなった

バッテリーの持ちが悪くなる原因は、基本的にバッテリーの劣化のケースが多いです。

調子が悪くなる要因
・バッテリーの経年劣化の可能性

バッテリーの劣化の度合いを確認する方法は、iPhoneの「設定」アプリから「バッテリー」項目をタップし、「バッテリーの状態」をタップするとバッテリーの最大容量が分かります。

最大容量が80%を下回った状態や「このバッテリーは著しく劣化しています」という注意喚起の表示が出た場合は、バッテリーが劣化している可能性が高い証拠。

iPhoneのバッテリーを交換することで、バッテリーの持ちが改善するケースが多いです。

リンゴマークがついたり消えたりして動かない

iPhoneの症状で最初のリンゴマークがついたり消えたりし、画面の操作ができない状況になる「リンゴループ」という症状があります。

「リンゴループ」の症状に陥る原因としては以下のものが考えられます。

調子が悪くなる要因
・iPhoneの容量がいっぱいになってしまった
・iOSの不具合
・本体内部の損傷

写真やデータの容量が一杯になるとiPhoneがうまく作動せず、最終的に「リンゴループ」の症状に陥るケースが多いです。

この場合、リカバリーモードでiPhoneをアップデートまたは復元することで改善される場合があります。

リンゴループに陥った場合の対処法は、下記の記事で詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

【iPhone】リンゴループになった時の対処法は?【修理は可能?】

2021年2月2日

上記の方法でも改善しない場合は、iPhoneの本体内部またはパーツなどの損傷が考えられるので、 修理店に持ち込むのが最適です。

電源が入らない

iPhoneの電源がいきなり入らなくなってしまう症状で考えられる要因は3つあります。

電源が入らなくなる要因
・バッテリーの劣化で充電ができない
・充電端子部分の故障で充電ができない
・ディスプレイの故障で起動しているが、画面が真っ暗になっている

バッテリーの劣化や充電部分の故障、ディスプレイの表示不良やシステムのトラブルの可能性が考えられます。

iPhoneが 強制再起動 出来るかどうか確認し、何も反応しない場合はiPhoneが充電できるかどうかを確認しましょう。

充電確認ができない場合は、本体内部のトラブルの可能性が高いので修理店に持ち込むのが最適です。

画面のタッチが効かなくなった

画面のタッチが効かなくなってしまった場合の要因は以下の内容が考えられます。

調子が悪くなる要因
・ソフトウェアの不具合の可能性
・ディスプレイ損傷の可能性

何かのアプリを立ち上げて操作している際に、急に画面のタッチが効かなくなってしまった場合は、iOSのソフトウェアの不具合が発生している可能性があるので、iPhoneを強制再起動することで改善することがあります。

また、iPhoneに強い衝撃を加えたり落としたりした場合などは、ディスプレイが潰れてしまった可能性があり、ディスプレイを修理することでタッチが改善されます。

iPhoneの調子が悪くなってしまった場合の対処法

iPhoneの強制再起動の仕方

ソフトウェアの不具合や、アプリ使用時に画面が動かなくなってしまった場合などに強制再起動が有効です。
強制再起動の仕方はiPhoneのボタン操作で行うことが出来ます。

iPhoneの強制再起動の仕方
iPhone5~6s系統の機種
①ホームボタンと電源ボタンを同時に押し続ける
②画面が消え、リンゴマークが出るまで押し続ける

iPhone7以降の機種
①音量ボタンの上ボタン→下ボタン→電源の順に押す
②画面が消え、リンゴマークが出るまで押し続ける

強制再起動を行うことでiPhoneが正常に作動すればOKですが、この方法で直らない場合は本体内部に問題が発生している場合があります。

iPhoneの修理が必要になるので、近くの修理店舗に相談してみましょう。

ネットワーク設定のリセットの仕方

iPhoneのネットがつながらないなどの通信トラブルは、ネットワーク設定のリセットで改善する場合があります。
ネットワーク設定のリセットの仕方はiPhoneの「設定」アプリから操作します。

ネットワーク設定のリセットの仕方
①iPhoneの「設定」アプリを開く
②「一般」の項目をタップ
③「リセット」の項目をタップ
④「ネットワーク設定をリセット」の項目をタップ
⑤自身のパスコードを入力
※ネットワーク設定のリセットを行うと、今まで登録していたWi-Fiなどのパスワードなどがリセットされるので、再度通信の登録を行いましょう。

ネットワーク設定のリセット行うことでiPhoneの通信が正常に作動すればOKですが、この方法で直らない場合は、本体内部に問題が発生している場合があります。

iPhoneの修理が必要になるので、近くの修理店舗に相談してみましょう。

iPhone修理店で修理を依頼する

iPhoneの本体が損傷・劣化している場合や起動しない場合、システム設定の見直しでも不具合が改善されない場合は、iPhone本体に何かしらのトラブルが発生している可能性があります。
その場合はiPhone修理店にて修理依頼が必要になります。

iPhoneの修理は「ディスプレイ交換修理」「バッテリー交換修理」「パーツ交換修理」など様々な内容がありますが、iPhoneの修理店はApple正規修理店とApple非正規修理店の2つの種類があります。

2つのiPhone修理店
・Appleで認められた正規修理店
・非純正パーツで修理する非正規修理店

Apple正規修理店

Apple正規修理店は、Apple StoreやクイックガレージなどのAppleに認定された正規修理店で、Apple純正のパーツで修理を行います。

Apple Careやキャリアの補償などに加入されている方や、純正のパーツで修理をしてほしいという方はApple正規修理店がおすすめです。

Apple正規修理店は事前予約を推奨されています事前予約がない場合は、長時間の待ち時間または当日の修理受付が出来ない場合があります

Apple非正規修理店

Apple非正規修理店は、Appleに認定されていない非純正パーツで修理を行います。

Apple正規修理店と比べデメリットが多いように感じますが、非正規修理店でしかないメリットもあります。

Apple Careやキャリアの補償に加入せず、実費で修理を行う場合だと、Apple正規修理店だと値段が高くなってしまいますが、非正規修理店の方が修理費用を安く抑えることができ、即日修理対応できる店舗が多いです。

出来るだけ当日に修理したい、修理料金を抑えたい場合などはApple非正規修理店がおすすめです。

下記のiCracked Store公式コラムにて詳しい情報が記載されています。

>>正規店と非正規店どちらを選ぶ?特徴と違いについて

まとめ

今回はiPhoneの調子が悪くなってしまった場合の対処法を紹介いたしました。

症状によって対処法が違うので、ぜひ今回の記事を参考にして頂けると幸いです。

また、対処法を試しても改善しない場合は本体内部に問題が出ている可能性があるので、修理店に相談してみましょう。

iPhone、Pixelの修理はiCracked Storeへ!

iCracked Store

国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理を任されており、最新機種のPixel 4、Pixel 4XLも発売日から修理対応いたします。

スマートフォンの故障でお困りの方は是非iCracked Storeへご相談下さいませ!

iCracked Storeでは、総務省登録修理業者としてiPhone修理を承っております。

予約からご来店の流れはこちらの記事をチェック!

→iCracked Storeでの受付から修理の流れをまとめてみました!

スマートフォンの故障でお困りの方は是非iCracked Storeへご相談下さいませ!

もしもの為に「モバイル保険」

モバイル保険

iCracked Storeでは、スマートフォンの故障をサポートする「モバイル保険」をおすすめし、各店舗で無料で保険のご相談を承っております。

1.年間最大10万円まで修理費用全額保証!

従来のキャリアの端末補償の場合、月額補償料と修理の際の「免責金」がかかります。

モバイル保険」は月額700円で、年間最大10万円まで修理にかかる費用を実質全額補償してくれます。

2.1つの契約で合計3台まで補償が可能!

「モバイル保険」では1つの契約につき、合計3台までの端末を補償することができます。

補償対象端末はスマートフォンだけでなく、「ノートPC、タブレット、モバイルルーター、ワイヤレスヘッドフォン等」無線通信が可能な機器であれば補償可能の対象になります。

3.半永久的にスマートフォンが補償される

従来の端末補償は、2年・4年で補償が切れてしまう内容がほとんどですが、「モバイル保険」は永続的に補償!

お使いのスマートフォンを長く使っていきたい方におすすめです!

モバイル保険は、スマホ購入後1年以内(もしくはメーカーや通信キャリア補償の乗り換え)でも加入できるので、購入した後でも加入が可能!

詳細につきましては、モバイル保険公式ホームページにてご確認下さい。

この記事を書いた店舗
iCracked Store 神戸三宮元町

iCracked Store
神戸三宮元町

〒651-0022

神戸市中央区元町通1-10-2
神戸元町商店街内

10:00〜19:00(最終受付18:30)
年中無休(年末年始一部を除く)

078-381-8222

GoogleMap
iCracked Store グランフロント大阪

iCracked Store
グランフロント大阪

〒530-0011

大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5階

11:00〜21:00(最終受付20:30)
年中無休(年末年始一部を除く)

06-6372-5325

GoogleMap
iCracked Store 梅田ロフト

iCracked Store
梅田ロフト

〒530-0013

大阪市北区茶屋町16-7
梅田ロフト1F

11:00〜21:00(最終受付20:00)
年中無休(年末年始一部を除く)

06-6940-7904

GoogleMap