【iPhoneSE】(第2世代)と(第3世代)のスペックの違いは?

2022年3月18日に発売される「iPhoneSE(第3世代)」と2020年に発売された「iPhoneSE(第2世代)」のスペックの違いを比較してみました。

【iPhoneSE】(第3世代)と(第2世代)のスペックの違いは?

まずは 「iPhoneSE(第3世代)」 「iPhoneSE(第2世代)」 の大まかなスペックを表にまとめました!

  iPhoneSE(第3世代) iPhoneSE(第2世代)
 
カラー ミッドナイト
スターライト
(PRODUCT)RED
ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED
本体価格 57,800円~ 49,280円~
容量 64GB、128GB、256GB 64GB、128GB、256GB
ディスプレイ Retina HDディスプレイ
IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCD Multi-Touchディスプレイ
Retina HDディスプレイ
IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCD
Multi‑Touchディスプレイ
液晶解像度 1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
1,400:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
最大輝度625ニト(標準)
耐指紋性撥油コーティング
拡大表示
簡易アクセス
1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
1,400:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
最大輝度625ニト(標準)
耐指紋性撥油コーティング
拡大表示
簡易アクセス
バッテリー ビデオ再生:最大15時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大10時間
オーディオ再生:最大50時間
ビデオ再生:最大13時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大8時間
オーディオ再生:最大40時間
CPU A15 Bionicチップ
2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU
4コアGPU
16コアNeural Engine
A13 Bionicチップ
2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU
4コアGPU
8コアNeural Engine
SIM デュアルSIM対応 デュアルSIM対応
5G通信
縦×横×厚み 138.4×67.3×7.3 mm 138.4×67.3×7.3 mm
重量 144g 148g
防水性能 IP67 IP67
カメラ 12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム

 

【iPhoneSE】(第2世代)と(第3世代)のスペックの違う部分をピックアップ

カラーの違い

  iPhoneSE(第3世代) iPhoneSE(第2世代)
カラー ミッドナイト
スターライト
(PRODUCT)RED
ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED

iPhoneSE(第3世代)の色のラインナップは、(PRODUCT)RED以外は全く別の名前となっていますが、 (第2世代)の色と比べると大きく差異はないように感じます。

本体価格の違い

  iPhoneSE(第3世代) iPhoneSE(第2世代)
価格 57,800円~ 49,280円~

iPhoneSE(第3世代)の最低本体価格は、(第2世代)と比べると少し高くなっています。

価格の差は主にCPUの向上もあるのか、1万円弱の差が出ています。

バッテリーの違い

 

  iPhoneSE(第3世代) iPhoneSE(第2世代)
バッテリー ビデオ再生:最大15時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大10時間
オーディオ再生:最大50時間
ビデオ再生:最大13時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大8時間
オーディオ再生:最大40時間

 バッテリーの違いは、(第3世代)の方がビデオ再生で2時間ほど長く視聴でき、オーディオ再生は10時間長く聴くことができます。

(第2世代)のバッテリーは少し持ちが悪く感じる意見が多かったですが、今回の(第3世代)でバッテリーの持ちが改善されているみたいですね。

CPUの違い

  iPhoneSE(第3世代) iPhoneSE(第2世代)
CPU A15 Bionicチップ
2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU
4コアGPU
16コアNeural Engine
A13 Bionicチップ
2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU
4コアGPU
8コアNeural Engine

(第2世代)に搭載された「A13 Bionic」は、iPhone11シリーズと同じCPUで、(第3世代)に搭載された「A15 Bionic」は、iPhone13シリーズと同じCPUです。

Neural Engineのコア数は(第2世代)と比べて8コアの差があり、グラフィック処理が(第2世代)と比べて1.2倍早くなります。

5G通信

 

  iPhoneSE(第3世代) iPhoneSE(第2世代)
5G通信

iPhoneSE(第3世代)では5G通信に対応。

(第2世代)と比べて通信速度が速くなっています。

カメラの違い

  iPhoneSE(第3世代) iPhoneSE(第2世代)
カメラ 12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム

進化したボケ効果と深度コントロールが使える

ポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))

光学式手ぶれ補正

6枚構成のレンズ

LED True Toneフラッシュとスローシンクロ

パノラマ(最大63MP)

サファイアクリスタル製レンズカバー

Focus Pixelsを使ったオートフォーカス

写真とLive Photosの広色域キャプチャ

Deep Fusion

写真のスマートHDR 4

フォトグラフスタイル

高度な赤目修正

自動手ぶれ補正

バーストモード

写真へのジオタグ添付

画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム

進化したボケ効果と深度コントロールが使える

ポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))

光学式手ぶれ補正

6枚構成のレンズ

LED True Toneフラッシュとスローシンクロ

パノラマ(最大63MP)

サファイアクリスタル製レンズカバー

Focus Pixelsを使ったオートフォーカス

写真とLive Photosの広色域キャプチャ

次世代のスマートHDR(写真)

高度な赤目修正

自動手ぶれ補正

バーストモード

写真へのジオタグ添付

画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG

 

iPhoneSE(第3世代)では、(第2世代)ではなかった「Deep Fusion」が搭載され、写真の細かな部分が鮮明に表示されるように画質向上しました。

Deep Fusionとは

1回のシャッターで合計9枚の写真を撮影し、ピクセル単位の合成処理を行うことによって写真の細やかな部分が鮮明に表示されます。

iPhoneSE(第3世代)と(第2世代)どっちがいい?

こんな人にiPhoneSE(第2世代)がおすすめ
・ネットや連絡に使う
・5G通信を使わない
・本体価格を抑えたい
こんな人にiPhoneSE(第3世代)がおすすめ
・処理速度を速くしたい
・カメラもできるだけ良いのを使いたい
・5G通信を使いたい

iPhoneSE(第3世代)と(第2世代)の比較ですが、外観の差はあまりないものの、内部のCPUやカメラの性能差が上がったiPhoneSE(第3世代)に軍配が上がります。

しかし、普段ネットや連絡に使うくらいであればiPhoneSE(第2世代)でも十分使えるスペック。

iPhoneSE(第2世代) は中古端末や格安SIMの契約で安く販売されているので、本体価格をできるだけ抑えたい方はiPhoneSE(第2世代)も選択肢に入ると思います。

iPhoneSE(第3世代)はどこで購入できる?

iPhoneSE(第3世代)は、Apple公式ホームページや3大キャリア、一部格安SIMでの契約も可能です。

iPhoneSE(第3世代)購入ページ
・公式サイト→Apple公式ホームページで購入する

・3大キャリア→ドコモ / au / ソフトバンク

・格安SIM契約→ワイモバイル / UQモバイル / 楽天モバイル

iPhoneSE(第2世代)はどこで購入できる?

iPhoneSE(第2世代)は中古スマホ販売サイトで購入するか、格安SIMの契約で購入することが出来ます。

中古スマホ販売のイオシス

中古スマホが販売されているお店でおすすめなのがイオシス中古端末には3か月の保証がついており、保証内の初期不良、動作不良の場合は交換、返品をしてくれるので安心です。

もしもの為に「モバイル保険」

モバイル保険

iCracked Storeでは、スマートフォンの故障をサポートする「モバイル保険」をおすすめし、各店舗で無料で保険のご相談を承っております。

1.年間最大10万円まで修理費用全額保証!

従来のキャリアの端末補償の場合、月額補償料と修理の際の「免責金」がかかります。

モバイル保険」は月額700円で、年間最大10万円まで修理にかかる費用を実質全額補償してくれます。

2.1つの契約で合計3台まで補償が可能!

「モバイル保険」では1つの契約につき、合計3台までの端末を補償することができます。

補償対象端末はスマートフォンだけでなく、「ノートPC、タブレット、モバイルルーター、ワイヤレスヘッドフォン等」無線通信が可能な機器であれば補償可能の対象になります。

3.半永久的にスマートフォンが補償される

従来の端末補償は、2年・4年で補償が切れてしまう内容がほとんどですが、「モバイル保険」は永続的に補償!

お使いのスマートフォンを長く使っていきたい方におすすめです!

モバイル保険は、スマホ購入後1年以内(もしくはメーカーや通信キャリア補償の乗り換え)でも加入できるので、購入した後でも加入が可能!

詳細につきましては、モバイル保険公式ホームページにてご確認下さい。

この記事を書いた店舗
iCracked Store 神戸三宮元町

iCracked Store
神戸三宮元町

〒651-0022

神戸市中央区元町通1-10-2
神戸元町商店街内

10:00〜19:00(最終受付18:30)
年中無休(年末年始一部を除く)

078-381-8222

GoogleMap
iCracked Store グランフロント大阪

iCracked Store
グランフロント大阪

〒530-0011

大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5階

11:00〜21:00(最終受付20:30)
年中無休(年末年始一部を除く)

06-6372-5325

GoogleMap
iCracked Store 梅田ロフト

iCracked Store
梅田ロフト

〒530-0013

大阪市北区茶屋町16-7
梅田ロフト1F

11:00〜21:00(最終受付20:00)
年中無休(年末年始一部を除く)

06-6940-7904

GoogleMap