スマホの補償サービス「スマホの保険証」の内容を解説

スマホの補償と言えば元はau,docomo,Softbankなどの
キャリアで購入時にオプションで付けるもの
というイメージがあったかと思います。

しかし近年はキャリアのものだけではなく
スマホの補償は種類がとても増えています。

今回ご紹介するのは、スマホ修理店などを展開されている
株式会社 ギアスマホの保険証というサービスです。

・スマホの保険証がどんなものか気になっている人
・スマホに付ける補償をどれにしようか迷っている人

是非読んでみてください。

スマホの保険証の概要

スマホの保険証とは、スマホにかかる修理代を抑えるための
スマホの補償のひとつです。

年間最大10万円までの補償を受けられ、
更に主端末のスマホを含め最大5台まで補償できるという
幅の広い補償となっています。

以下、公式サイトより引用の説明文。

ご契約者さまの大切なスマートフォンを様々なトラブルから守る補償サービスです。
登録しているスマホ端末が破損、故障、水没、データ復旧の必要性、修理不能及び盗難や紛失が生じ、修理費用等を負担したとき、補償金をお支払いします。

スマホの保険証は2つのプランが用意されています。
スタンダードプランライトプランです。

これら2つのプランは
補償金額月々の保険料補償台数等が変わります。

スタンダードプラン・ライトプラン比較

  スタンダードプラン ライトプラン
月額 900円/月 550円/月
支払い方法 クレジットカード クレジットカード
登録端末 【主端末】スマートフォン
【副端末】Wi-Fi,Bluetoothの
通信が可能な機器
【主端末】スマートフォン
補償台数 主端末1台+副端末4台 1台のみ
補償回数 制限なし(年間10万円まで) 制限なし(年間10万円まで)
免責 修理費用の30%(上限1万円) 修理費用の30%(上限1万円)
盗難・紛失 最大25,000円まで
(副端末は12,500円まで)
最大25,000円まで

 

スタンダードプランとライトプランの大きな違いは
月々の料金の違いと、補償台数の違いです。

スタンダードプランでは、主端末のスマートフォンの他に
副端末を4台追加できるプランになっています。

(スマホの保険証公式HPより)

副端末はスマートフォンだけではなく
タブレットやスマートウォッチ等、Wi-Fi,Bluetooth通信ができるもの
であれば追加ができます。

スマートフォン1台のみを守りたいならばライトプラン。
その他に守りたい機器があるのならばスタンダードプラン。

という使い分けができるところがいいですね。

スマホの保険証の良いところ・良くないところ

ここまででスマホの保険証の概要を紹介しました。
そこで、様々な補償サービスを比べてきた筆者が感じた
この補償の良いところと悪いところを紹介します。

スマホの保険証の良いところ

スマホの保険証のいいところは
まずはスタンダードプランの補償台数の多さと言えます。

最近はBluetoothで通信するイヤホンや、スマートウォッチが
流行っていますが、それらをまとめて保証できるなんて
とても便利で安心できます。

スマホの保険証のいいところまとめ
・主端末1台+副端末4台まで補償できる
・ライトプランとスタンダードプランを選べる
・中古端末も加入できる(発売から5年以内の機種のみ)
・手続き等で便利なスマホアプリがある

スマホの保険証の良くないところ

筆者が調べていく中で、気になったところは
修理時の免責(自己負担)額です。

このスマホの保険証、修理費用の30%(上限1万円)は自己負担となっています。
例えば、iPhoneの画面が割れてしまい修理費用が2万円かかるとなった場合
30%にあたる6千円は自己負担になり、残りの1万4千円は補償から賄われる
ということになります。

他の補償サービスでは免責(自己負担)がなかったり、3千円と決まっていたり
するものもありましたので、少し割高に感じました。

スマホの保険証の良くないところまとめ
・面積(自己負担)額が少し高め。
・海外での破損等は対象外
・法人での契約は不可

まとめ

今回は数あるスマホ補償サービスの中から
スマホの保険証をご紹介しました。

ライトプランとスタンダードプランの使い分けができることで
機器を複数所持している人からスマホだけ持っている人まで
幅広く、持て余すことなく補償ができますね。

特にスタンダードプランの主端末1台+副端末4台で
最大5台まで補償できる点は他のサービスと比べても
充実しています。

それぞれよく検討し、自分に合った補償サービスを
選びましょう!

モバイル保険の評判まとめ メリット・デメリットを修理屋が解説

2021年9月5日

【格安SIM専用】スマホの補償「スマホ保険」の内容を解説

2022年4月7日

justInCaseのスマホ保険の料金や補償内容を解説

2022年4月21日
この記事を書いた店舗
iCracked Store 神戸三宮元町

iCracked Store
神戸三宮元町

〒651-0022

神戸市中央区元町通1-10-2
神戸元町商店街内

10:00〜19:00(最終受付18:30)
年中無休(年末年始一部を除く)

078-381-8222

GoogleMap
iCracked Store グランフロント大阪

iCracked Store
グランフロント大阪

〒530-0011

大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5階

11:00〜21:00(最終受付20:30)
年中無休(年末年始一部を除く)

06-6372-5325

GoogleMap
iCracked Store 梅田ロフト

iCracked Store
梅田ロフト

〒530-0013

大阪市北区茶屋町16-7
梅田ロフト1F

11:00〜21:00(最終受付20:00)
年中無休(年末年始一部を除く)

06-6940-7904

GoogleMap