iPhoneの電話の声が聞こえにくい時の対処法

電話中に相手の声が聞こえにくいと感じたことはありませんか?

もちろん相手の声が小さいことが原因の可能性もありますが、別のことが原因の可能性もあります。

そこで今回は、電話の声が聞こえにくい原因と、その対処方を紹介したいと思います。

まずは、簡単にスピーカーの構造から説明します。

スピーカーは2種類!

iPhoneを初め、ほとんどのスマートフォンには、スピーカーが2種類使用されています。それが、トップスピーカーラウドスピーカーです。 それぞれの違いを説明します。

2種類のスピーカーの違い

トップスピーカー・・・スマートフォン上部に位置し、通話時に機能するスピーカー。

ラウドスピーカー・・・スマートフォン下部に位置し、動画視聴時などに機能するスピーカー。

よって今回は、通話時に機能するトップスピーカーに焦点を当て、原因を考えていきます!

考えられる原因と対処法

通話音声が聞こえにくくなる原因はいくつかあります。

よくある原因と対処法をまとめましたので、合わせてご確認ください。

原因1.音声のボリュームが小さい

通話時に相手の声が聞き取りにくいと感じたら、まずは音声のボリュームを疑ってみましょう。
サイドにある音量ボタンを押し、声が聞こえやすくなったら解決です!

原因2.トップスピーカー部分にゴミが溜まっている

画面上部のトップスピーカ―にゴミが溜まっており、音声を妨げている可能性があります。
エアダスターなどでゴミを吹き飛ばすか、綿棒などを少量のアルコールで湿らし、軽く拭き取ることで改善すれば解決です!

原因3.トップスピーカー の位置に保護フィルムが被さっている

貼り付けた保護フィルムが、トップスピーカーの位置に干渉している可能性があります。
フィルムの位置をずらすことで改善すれば解決です! 

原因4. Bluetoothに繋がっている

ワイヤレスイヤホンなどのBluetooth機器に接続されている場合は、Bluetooth機器から音声が発せられており、スマートフォンからは音が出なくなっています。
Bluetooth機能をオフにする事で、音が出るようになれば改善です! 

原因5.ノイズキャンセリング機能がオフになっている

通話時に周囲の雑音を最小限に留め、音声を聞き取りやすくする機能があります。
設定画面から「アクセシビリティ」をタップし、「オーディオ/ビジュアル」をタップします。「電話ノイズキャンセリング」の機能をオンにする事で、電話の声が聞こえやすくなれば改善です!

原因6.トップスピーカーの故障

トップスピーカーのパーツ自体の故障、または接触不良が原因で声が聞こえなくなっている可能性があります。
修理店でパーツ交換、接触部分の清掃をする事で改善すれば解決です! 

それでも改善しない場合は・・・

これらの方法を行っても症状が改善されない場合は、本体自体の原因でスピーカーに不具合が起きている可能性が考えられますので、一度iPhone修理店へご相談ください。

また、「よくスマホを落とす!」「よく画面を割る!」

という方は、モバイル保険への加入をおすすめしております。気になる方は、下記に詳しく書いた記事を載せてありますので、是非ご検討ください。

モバイル保険の評判まとめ メリット・デメリットを修理屋が解説

2021年9月5日

この記事を書いた店舗
iCracked Store 神戸三宮元町

iCracked Store
神戸三宮元町

〒651-0022

神戸市中央区元町通1-10-2
神戸元町商店街内

10:00〜19:00(最終受付18:30)
年中無休(年末年始一部を除く)

078-381-8222

GoogleMap
iCracked Store グランフロント大阪

iCracked Store
グランフロント大阪

〒530-0011

大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5階

11:00〜21:00(最終受付20:30)
年中無休(年末年始一部を除く)

06-6372-5325

GoogleMap
iCracked Store 梅田ロフト

iCracked Store
梅田ロフト

〒530-0013

大阪市北区茶屋町16-7
梅田ロフト1F

11:00〜21:00(最終受付20:00)
年中無休(年末年始一部を除く)

06-6940-7904

GoogleMap