【Pixel 6a】発売日・価格・スペックまとめ

5月12日にGoogleの開発者向けのイベント「Google I/O 2022」で新型スマートフォン「Pixel 6a」が発表されました。

米国での販売価格は449ドル、日本では5万3900円7月28日に発売予定。

購入はGoogle ストアやソフトバンク、auから購入可能です。予約は7月から可能です。

今回は2021年10月に発売された「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」との違いを調べてみました。

【Pixel 6a】発売日・価格・スペックまとめ

StockImage
Image:Google

◼︎スペック比較表


Pixel 6aPixel 6Pixel 6 Pro
サイズ約152.2 × 71.8 × 8.9mm約158.6 × 74.8 × 8.9mm約163.9 × 75.9 × 8.9mm
重量約178g約207g約210g
プロセッサGoogle TensorGoogle TensorGoogle Tensor
ディスプレイ6.1インチ OLED、1,080×2,400(FHD+)、60Hz駆動6.4インチ OLED、1,080×2,340(FHD+)、90Hz駆動6.7インチ OLED、1,440×3,120(QHD+)、120Hz駆動
カバーガラス画面:Corning Gorilla Glass 3
背面:高温で成形された3D複合素材カバーガラス
画面:Corning Gorilla Glass Victus
背面:Corning Gorilla Glass 6
画面:Corning Gorilla Glass Victus
背面:Corning Gorilla Glass Victus
メモリー
6GB
8GB
12GB
ストレージ
128GB
128GB/256GB
128GB/256GB
512GB(海外のみ)
カラー
セージ
チョーク
チャコール
ストーミーブラック
ソータシーフォーム
カインダコーラル
ストーミーブラック
クラウディホワイト
ソータサニー
SIMデュアルSIM
(nano SIM+eSIM)
デュアルSIM
(nano SIM+eSIM)
デュアルSIM
(nano SIM+eSIM)
バッテリー容量
4,410mAh
バッテリー持ち:24時間以上
4,614mAh
バッテリー持ち:24時間以上
5,003mAh
バッテリー持ち:24時間以上
Bluetooth5.25.25.2
アウトカメラメイン:1,220万画素
超広角:1,200万画素
メイン:5,000万画素
超広角:1,200万画素
メイン:5,000万画素
超広角:1,200万画素
望遠:4,800万画素
インカメラ800万画素800万画素1,110万画素
生体認証指紋認証
指紋認証指紋認証
ワイヤレス充電非対応対応対応
急速充電最大18W最大30W
ワイヤレス:最大21W
最大30W
ワイヤレス:最大21W
NFC対応対応対応
防水防塵IP67IP68IP68
価格 (Google ストア)
128GB:¥53,900-128GB:¥74,800-
256GB:¥85,800-
128GB:¥116,600-
256GB:¥127,600-

◼︎ 外観・ディスプレイ

StockImage
Image:Google

3機種それぞれにサイズの違いがあり、厚みは8,9mmと全て同じですが画面のサイズがPixel 6a6,1インチPixel 66,4インチPixel 6 Pro6,7インチと違いがありその分本体の幅と縦の長さも少しずつ異なります。

Pixel 6 Proの画面はラウンドエッジを採用し、画面の左右の端の部分が丸みを帯びており、見た目にフレームとの一体感ありますのでシャープな印象。

Pixel 6にはフラットな画面が採用され、Pixel 6aも同じくフラットな画面が採用。

ガラスの耐久性度に違いがあり、Pixel 6 ProとPixel 6の画面ガラスにはGorilla Grass Victus が使われていますが、Pixel 6aではGorilla Grass 3が採用されております。

ガラス強度はPixel 6 ProPixel 6の方が高く、背面のガラスにも違いがあり、Pixel 6 Proが総じて耐久性が高いことがわかります。

〉〉割れやすいと噂のPixelの強度を機種別に紹介 割れにくいPixelはどれ?

3機種とも有機ELディスプレイが採用されておりますが、そのディスプレイのリフレッシュレートがそれぞれの機種で明確な違いがあり、Pixe 6aで最大60HzPixel 6で最大90Hz,、Pixel 6 Proで最大120Hzとなっております。

この数字が高い程画面描写が滑らかになりますが、普段のスマホ操作としては全く問題がないので、が気になる方は実際にショップなどで画面を操作してみて違いをみてみるのが良いと思います。

◼︎ プロセッサ・メモリー・ストレージ

StockImage
Image:Google

アプリ起動、ブラウザジングの際のページや画像の読み込みも迅速ですので大抵の事は快適にこなせます。

プロセッサにはPixel 6 Pixel 6 Proで採用されたGoogle TensorPixel 6aでも採用していますので3機種とも違いはありません。

メモリは機種によって明確な差がありPixel 6a6GBPixel 68GBPixel 6 Pro12GB

一度に多くのアプリを立ち上げたり、ゲームを頻繁にプレイされない限りは6GBでも十分だとは思いますが、こちらは普段どういった使い方をされているか、もしくはこれからどういう風に使いたいかによって判断が出来そうです。

ストレージPixel 6aでは128GBのみで、Pixel 6では128GBに加えて256GBPixel 6 Proではさらに加えて512GBが選択可能(日本では未発売)。

ストレージが大きな機種ほど本体価格も高くなりますのでそのあたりも考慮して選ばれると良いかと思います。

◼︎ カメラ

StockImage
Image:Google

Pixel 6aPixel 6のアウトカメラは広角カメラ超広角カメラデュアルカメラで、Pixel 6 Proはそれに加えて望遠カメラを備えたトリプルカメラになっています。

Pixel 6aPixel 6Pixel 6 Proではメインのカメラの画素数に差があり、Pixel6a1,220万画素Pixel 6Pixel 6 Pro5,000万画素

現在普及しているスマートフォンのカメラの多くが1200万画素程なので通常使いであればPixel 6aのカメラで十分といえます。

カメラに拘りがある方であれば、望遠カメラが必要かそうでないかでPixel 6Pixel 6 Proを選ばれるのが良さそうです。

◼︎ バッテリー・急速充電・ワイヤレス充電

バッテリー容量Pixel 6a4,410mAhPixel 64,614mAhPixel 6 Pro5,003mAh

少しずつ違いはありますが、画面が大きくなったりリフレッシュレートが高くなると消費電力が増えます。

バッテリーの持ちに関して表記がどの機種とも24時間以上となっており、そこまでの差はない様に思われます。 

急速充電はどの機種とも対応になっていますがPixel 6a18W、Pixel 6とPixel 6 Pro30Wと数値的にはPixel 6Pixel 6Proの方が早く充電できます。

Pixel 6aにはワイヤレス充電機能がありませんので、別売りのGoogle Pixel Standなどを利用したワイヤレス充電が必須な方はPixel 6Pixel 6 Proの選択になります。

◼︎ まとめ

Pixel 6aPixel 6とそこまでの差はない様に感じますが、機能を細かく見ていくと性能の違いがあります。

Pixel 6の値段で迷われていた方、またはiPhoneSE、iPhone11、iPhone12等を購入しようと思われている方は販売価格が近いので良い選択肢の1つになるかと思います。

また、Pixel 6aの登場により、過去のPixelシリーズの中古相場も影響しています。

スマホの本体購入価格をさらに抑えたいという方は、中古スマホの選択肢もありですね。

中古スマホの購入は中古端末でも3か月保証がついているイオシスがおすすめです。

イオシスなら中古 (Aランク / Bランク / Cランク)で3か月製品保証付き

Googleストアで購入した場合は自身での保険加入が必要

Pixel端末をGoogleストアや中古ショップで購入した場合、スマートフォンが破損した場合の保険を自身で加入する必要があります。

Google正規サービスプロパイダであるiCracked Storeでは、モバイル保険をおすすめしています。

もしもの為に「モバイル保険」

モバイル保険

iCracked Storeでは、スマートフォンの故障をサポートする「モバイル保険」をおすすめし、各店舗で無料で保険のご相談を承っております。

1.年間最大10万円まで修理費用全額保証!

従来のキャリアの端末補償の場合、月額補償料と修理の際の「免責金」がかかります。

モバイル保険」は月額700円で、年間最大10万円まで修理にかかる費用を実質全額補償してくれます。

2.1つの契約で合計3台まで補償が可能!

「モバイル保険」では1つの契約につき、合計3台までの端末を補償することができます。

補償対象端末はスマートフォンだけでなく、「ノートPC、タブレット、モバイルルーター、ワイヤレスヘッドフォン等」無線通信が可能な機器であれば補償可能の対象になります。

3.半永久的にスマートフォンが補償される

従来の端末補償は、2年・4年で補償が切れてしまう内容がほとんどですが、「モバイル保険」は永続的に補償!

お使いのスマートフォンを長く使っていきたい方におすすめです!

モバイル保険は、スマホ購入後1年以内(または中古スマホは3ヶ月以上の保証がついている端末)でも加入できるので、購入した後でも加入が可能!

詳細につきましては、モバイル保険公式ホームページにてご確認下さい。

この記事を書いた店舗
iCracked Store 神戸三宮元町

iCracked Store
神戸三宮元町

〒651-0022

神戸市中央区元町通1-10-2
神戸元町商店街内

10:00〜19:00(最終受付18:30)
年中無休(年末年始一部を除く)

078-381-8222

GoogleMap
iCracked Store グランフロント大阪

iCracked Store
グランフロント大阪

〒530-0011

大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5階

11:00〜21:00(最終受付20:30)
年中無休(年末年始一部を除く)

06-6372-5325

GoogleMap
iCracked Store 梅田ロフト

iCracked Store
梅田ロフト

〒530-0013

大阪市北区茶屋町16-7
梅田ロフト1F

11:00〜21:00(最終受付20:00)
年中無休(年末年始一部を除く)

06-6940-7904

GoogleMap